高橋木工株式会社 第1回(全4回)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
     「経営課題に応じて専門家が無料で相談対応!」

「香川県よろず支援拠点」は、経済産業省が全国に設置する経営相談所です。
香川県では公益財団法人かがわ産業支援財団内に設置されています。
県内の中小企業や小規模事業者の皆様が抱えるどんな課題の相談にものってくれる
様々な分野の専門家コーディネーターがいます。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 番組ではこれまでによろず支援拠点が関わった事例を4件ご紹介してきました。
 よろず支援拠点には各ジャンルに対応した様々な専門家が在籍していますが、今回は一つの企業の取組に対して各専門家がチームを組み1年半の長期にわたり、企業の時々に応じた様々な支援を行った事例を紹介します。

 今回のゲストは三豊市にある高橋木工(株)で代表取締役社長をされている高橋克碩さんです。

CIMG1034修正.jpg

<部品づくりに埋もれていた技術>
 高橋木工は、これまでは県外の仏壇メーカーの部品の下請けを行っていたため、地域内の同業者及び近所の住民からも何をしている会社なのかあまり知られていませんでした。しかし、時代の変化により、仏壇そのものが売れなくなり下請け業務も減少し、今後の新たな販路開拓や事業展開を模索していたところ、取引先の銀行からよろず支援拠点を紹介されました。
 高橋社長はコーディネーターの豊田さんに事業の現状や販路開拓などの困り事について相談されました。豐田さんは早速現場の確認に向かい、そこでとても驚いたのです。

豐田さん「高橋木工の組子や寄木の技術は非常に細やかで素晴らしいものだったのです。加えてこのような素晴らしい技術が単に下請け業務の『部品』づくりのためにしか扱われていなかったことが大きな驚きでした。」

 CIMG1024修正.jpg

高橋社長「組子は釘や接着剤などほとんど使わないためわずか0.1mmずれても組み上がらないほど精密なものなのですが、私達は長年仏壇の部品の下請け製造しかしてこなかったので、自分たちの技術が『仏壇の部品』としか見えてなかったのです(笑)」

IMG_2765-47e62-thumbnail2.jpg

<大量生産の部品製造ではなく、少量生産の質の高い商品展開へ>
 実際に、過去には、高橋木工でも新たな商品して鍋敷や額縁の試作も行いました。しかし、従来下請け業務を主にしてきたため、販路開拓や価格設定におけるノウハウが全くなかったことから、試作段階で終わってしまっていました。

豐田さん「組子の柄は多種多様でオリジナル柄もあります。またデザインから製品化まで自社において一気通貫で取り組めること、さらにその高い技術で大量生産ではなく、一品一品を丁寧に製造することが高橋木工の強みだと思いました。そこで提案したのが、付加価値の高い組子のインテリアライトです。」


 当時(2016年5月)は、JR九州の豪華列車「ななつ星」の車内の装飾に組子が使われたこともあり、組子の市場認知度も高まっていたことも提案の背景にありました。

 早速様々な木材でサンプルを作成したところ、初回からかなり精度の高い製品ができあがりました。そこからさらにサイズ感や柄、ライトの取り付け方法など様々な試行錯誤と検討を経て、製品化に至りました。

IMG_2790.JPG
                    インテリアライト「燈(あかり)」

 初の自社開発であるインテリアライトが完成しました。しかし、問題はここからです。どうやってこの製品を売れるものにしていくのでしょうか?次回に続きます!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
             企業のお悩みございませんか? 
     国の設置した相談所で相談対応致します。相談無料!

               香川県よろず支援拠点

  まずはお電話ください!
   → 087-868-6090(8:30~12:00、13:00~17:15 ※土日祝休)
  FAX 087-869-3710
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

この記事へのコメント