さんわ農夢株式会社:第1回(全4回)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

経営課題に応じて専門家が無料で相談対応!」


「香川県よろず支援拠点」は、経済産業省が全国に設置する経営相談所です。

香川県では公益財団法人かがわ産業支援財団内に設置されています。

県内の中小企業や小規模事業者の皆様が抱えるどんな課題の相談にものってくれる

様々な分野の専門家コーディネーターがいます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 今回のゲストは三豊市山本町にある、さんわ農夢株式会社(以下、さんわ農夢)の大橋正幸専務にお越しいただきました。


 さんわ農夢は2011年に設立された株式会社で、「たんぼのスイーツ」のキャッチコピーでさつまいもを栽培されています。生産されたさつまいもは平成28年度の「三豊市ものづくり大賞」で大賞にも選ばれています。

 大橋さんはもともと建設業をされていますが、農業への新規参入し、美味しいさつまいもづくりに挑戦してこられました。


大橋専務2.jpg


 さて、大橋さんはどうして農業へ参入されたのでしょうか?


大橋さん「建設業も土とは関係の深い業種です。建設業のノウハウを活かして土作り、堆肥作りなどに活かせると思いました。農業者としては素人ですから、かえって土作りからしっかりこだわって良い物を作りたかった。また地元の人から手が回らなくなった田んぼを借りてほしい、という話もしばしばありました」


 土作りに関しては、香川大学農学部と連携し、竹チップや微生物を使った土壌改良材を開発しました。それにより、通常であれば水はけの良い土地を選ぶさつまいも栽培において、田んぼでの栽培を可能にしたことが栽培上の大きな取り組みです。


 さらにさつまいもの品種改良にも取り組み、主力商品「弘法の恵」と「夢の芋」の開発にも成功しました。いずれも焼き芋にすると糖度が30度以上になる、まさに「田んぼのスイーツ」です。


弘法の夢、夢の芋.jpg 


 「弘法の恵」「夢の芋」といった名前は大橋さんたちが自分たちでつけた名前だそうです。さらに商品名の御筆文字などは、弘法大師空海が御生された 四国霊場第75番札所総本山善通寺の法主、第五十七世 樫原禅澄様にお願いされたそうです。


IMG_5293.JPG


 四国霊場、そして弘法大師との縁をいただけたサツマイモ「弘法の恵み」と「夢の芋」。

 焼き芋もいただきましたが、それぞれに「弘法の恵」は甘さがかなり強く、「夢の芋」は芋らしさがしっかりある味わい、すごく美味しいお芋です。


 弘法の夢焼き芋.jpg


市川さんと焼き芋2.jpg


 しかし、どんな良い商品も消費者に認知されて、購入されなければなりません。


 土地の改良から始まって、高品質のさつまいも「弘法の恵」「夢の芋」が作り出されました。

 しかし、高品質とはいっても見た目は普通のさつまいもです。どのような方法でブランド作りをしていくのでしょうか?


 和紙包み.jpg


 それが、こちら! 

 なんと、サツマイモを一つ一つ高級和紙でラッピングしています!


豐田さん「首都圏のバイヤーに紹介したところ、商品の品質の高さはもとより、これまでにないパッケージの効果もあってお歳暮などの『ギフト用のさつまいも』しとして注目されました。」


 さあ!商品は整いました!つぎのステップへ!


 どのような方法で販売へと結びつけているのでしょうか?次回ご紹介いたします。


さんわ農夢株式会社
住所:三豊市山本町辻1393番地1
TEL:0875-63-2365
FAX:0875-56-7227
HPはこちら


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

             企業のお悩みございませんか? 

     国の設置した相談所で相談対応致します。相談無料!


香川県よろず支援拠点


  まずはお電話ください!

   087-868-60908:3012:0013:0017:15土日祝休)

  FAX 087-869-3710

  HP http://www.kagawa-isf.jp/yorozu/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


この記事へのコメント